骨粗しょう症と腰痛

骨粗しょう症とはどのようなもの?

骨粗しょう症のは原因とは

骨粗しょう症は高齢者が寝たきりになる原因の第3位です。骨粗しょう症とはどのような病気なのでしょうか。またその原因は何でしょうか。

・骨粗しょう症とはどのような病気?
骨粗しょう症とはカルシウム不足になった骨がスカスカになり、骨折しやすくなる病気です。自覚症状がないので、気付かないうちに骨が弱くなっていて、骨折を繰り返すことで初めて骨粗しょう症だと分かるということもあります。症状が進むと咳やくしゃみをしただけで骨折することもあります。

・どうして骨がスカスカになるの?
骨も他の細胞と同じように新陳代謝を繰り返しています。骨の新陳代謝は古い骨が削られて新しい骨が生成されるというものです。骨の生成に必要なカルシウムが不足したり、骨の吸収を抑制するホルモンが十分に分泌されなかったりすると、新しい骨が生成されるスピードが骨を削るスピードよりも遅くなってしまい、骨はどんどんスカスカになってしまいます。骨粗しょう症による腰痛に悩んでいるならこちら。

・カルシウム不足になる原因とは?
骨は体の柱となるという役割を果たすと同時に体のカルシウム貯蔵庫ともなっています。体内の99%のカルシウムは骨に存在しますが、残りの1%が血液中に存在し、生命維持に欠かせない役割を果たしています。このカルシウムが不足すると、カルシウム貯蔵庫である骨からカルシウムを流用してしまいます。しかし、食物から必要量のカルシウムを摂取しておけば、骨に蓄えられているカルシウムの流出を防ぐことができます。流出を防ぐには一日600mgのカルシウム摂取を目標にしましょう。

・骨の吸収を抑えるホルモンの減少はなぜ起こる?
女性ホルモンの一つであるエストロゲンが骨からのカルシウム流出を抑える働きをしています。しかし、女性は閉経するとエストロゲンの分泌が激減するため、カルシウムの流出を抑える力がなくなってしまいます。骨粗しょう症患者の90%以上が女性なのはこのためです。閉経後の女性は特に骨粗しょう症の予防や対策を行い、骨を強くすることを目指しましょう。

Copyright © 骨粗しょう症とはどのようなもの?. All rights reserved.